濃度計で塩分計測!?

濃度計で塩分計測!?

知人達と一緒イタリアンレストランへ。
そこで最初は楽しく食事をしていたのですが、次第に違和感。
知人の一人がやたらと自分自慢。
最初はこんな感じの人だったかなぁ~と思いながらもさすがに「???」
そのうちに健康の話になるとさらに私話。
そこでビックリしたのが「食事の塩分管理に凝ってて」
と取り出された塩分濃度計
最初は見せるだけなのかと思ったら、
まさか目の前の料理に突っ込むとは思いませんでした、、。
衝撃の展開でお店の人に申し訳ないやら、恥ずかしいやらで・・・。
「意識高い系」とでもいうのでしょうか。
いや、食事管理は重要だと思いますが、
食事管理必要なら外食しないで欲しいし、
塩分濃度計は自宅でお使い下さい!って感じです。

ガイドブック片手より、タブレットスタンド片手に。

ガイドブック片手より、タブレットスタンド片手に。

最近は、ガイドブック片手より、タブレットスタンド片手にとかの方が
多くなってきたかもしれません。
たしかにたくさんのガイドブックを持ち歩くより、タブレットに書籍ないしは、
アプリを入れていた方が荷物も小さく楽々ですからね。
でも個人的には、タブレットはまだまだ重くて、
もうちょっとバッテリーの保ちを長くしてくれないと
購入の決め手にはならないんですよね。
とはいえ、だいぶ値段が安くなって揺れてはいますけど。
バレルモからフィレンツェあたりまで観光してもバッテリーがもって、
強度的も大丈夫だったら100%買いますね!(上から系)

イタリア旅行先で今年のリオ五輪の話題で盛り上がる

イタリア旅行先で今年のリオ五輪の話題で盛り上がる

イタリア旅行を存分に楽しむにあたり、現地の観光スポットだけではなく、
リオ五輪の話題に注目をすることがおすすめです。
現在では、イタリアに関するマニアックなガイドが
世界中でピックアップされるようになっており、
信頼のできる媒体を上手く活用することが大事です。
リオ五輪に関する情報は、すぐにネット上で確認することが出来ますが、
様々な年代の人々と意見を交換することで、
しっかりと知識を身につけることが可能となります。
一般的に、イタリアへの旅行を計画するにあたり、
おおよその費用の相場や観光地の種類などにこだわりのある人が
多くいるといわれていますが、まずは早いうちに
多方面から情報収集をすることが望ましいといえます。

イタリアで出会った映画に出てきそうな便利屋さん

イタリアで出会った映画に出てきそうな便利屋さん

イタリアの映画に登場する便利屋の特徴については、
様々な年代の日本人の間で注目されることがあります。
最近では、イタリア旅行に出発をするにあたり、
マニアックなガイドを買い求める人が少なくありませんが、
できるだけ信頼のおける情報誌などをチェックしてみることが
良いといえます。
若い女性の間で人気の高いガイドブックに関しては、
ネット上で度々取り上げられることもあり、初心者にとっても、
すぐに便利な情報を得ることが出来るようになっています。
もしも、イタリア旅行のプランにこだわりたい場合には、
空き時間を利用しながら、
色々な体験談を積極的に読み通しておくことで、
いざという時にも大きな役に立つことが知られています。

エイジング塗装の技術を身につけイタリアへ

エイジング塗装の技術を身につけイタリアへ

今後、都心や近郊(埼玉県など)でも
ヴィンテージを彩る建物を見かけたとしたら、
自然でアンティーク調の建物を好む方には関心の高い
エイジング塗装技法によるものかもしれません。
まるでイタリアの古い街に現存する数百年以上も前の建物のように
見せることも出来ます。
イタリアには次の世代に引き継いでいかなければならない、
数多くの世界遺産が点在しています。
時の経過を表現できる技法を身につけた上で、
老朽施設の保全(修理・保存)に関する課題について見直してみれば、
イタリア旅行者向けにマニアックなガイドとして提供出来るでしょう。
老朽化した建物の改良や既存の建物をより改善する工事では、
耐久性に優れた素材を求められ、新築の状態を再現することで
評価の高まりにつながります。
一方、エイジングは経年劣化を美徳とし、芸術(アート)として受けとめられ、
歴史と文化が根付いているイタリアの街並みに
通じるものが感じられるでしょう。

イタリア旅行でみた給湯器

イタリア旅行でみた給湯器

イタリア旅行で見る面白いタンク式給湯器、
日本とイタリアの違いがこんなところにも見てとれます。
昔ながらの小さなアパートのような宿泊所には
未だに湯貯め式の給湯器があるところがあります。
給湯器に直結した貯水タンクに貯まった分しかお湯が出てこないから、
制限湯量付きの大忙しなシャワータイム。
そんなマニアックなガイドラインに従って使うイタリアの給湯器、
なかなか面白いシャワータイムです。
昔の水が貴重だったころの名残でしょうか、
国が変わればいろんな発見があって面白いものです。
イタリア人が毎日お風呂に入らないのも
文化の名残の一つかもしれません。
でも日本人なら毎日あったかいお湯に浸かって
疲れを癒したいと思うのですけどね。

おススメの屋上庭園

おススメの屋上庭園

イタリアでおすすめの屋上庭園へ行きたい、と言ったら、
マニアックなガイドなら「ルッカの空中庭園」へご案内するでしょう。
ルッカはイタリアの首都ローマの北350kmの距離にあり、
イタリア旅行の人気観光スポット、「斜塔」で知られる
ピサの近くに位置しています。
空中庭園を持つ塔は高さが約44mあり、
グイニージの塔と呼ばれています。
塔のてっぺんにある庭園にはトキワガシの木が植えられています。
ルッカでは13世紀頃から盛んに塔が作られました。
豪商たちが自分の財力を誇示するため、
争うように高い塔を建てたため、
最盛期には250余りの塔があったと言われています。
グイニージの塔は一時ルッカを統治したこともある
名家グイニージ家が14世紀頃に建てたものです。
塔へは階段を使って登る事が出来ます。
屋上庭園からは、ルッカの街並みを一望できます。
現在ルッカにはこのグイニージの塔を含め、
12の塔が残されています。