エイジング塗装の技術を身につけイタリアへ

今後、都心や近郊(埼玉県など)でも
ヴィンテージを彩る建物を見かけたとしたら、
自然でアンティーク調の建物を好む方には関心の高い
エイジング塗装技法によるものかもしれません。
まるでイタリアの古い街に現存する数百年以上も前の建物のように
見せることも出来ます。
イタリアには次の世代に引き継いでいかなければならない、
数多くの世界遺産が点在しています。
時の経過を表現できる技法を身につけた上で、
老朽施設の保全(修理・保存)に関する課題について見直してみれば、
イタリア旅行者向けにマニアックなガイドとして提供出来るでしょう。
老朽化した建物の改良や既存の建物をより改善する工事では、
耐久性に優れた素材を求められ、新築の状態を再現することで
評価の高まりにつながります。
一方、エイジングは経年劣化を美徳とし、芸術(アート)として受けとめられ、
歴史と文化が根付いているイタリアの街並みに
通じるものが感じられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top